乳がんの手術をする、しないをAIが97%の精度で予測

2017年10月の乳がんの手術に関する記事です。

マンモグラフィーと生検で見つかった乳房の

ハイリスク病変について、がん化するかどうかを

(手術するかどうか)を人工知能(AI)が97%の確率で

正確に予測することができました。

マンモグラフィー見つかった乳がんは手術すべき?

 

最近、著しい進歩を遂げているAI(人工知能)ですが、

がん治療の領域でも研究が進んでいます。

 

マサチューセッツ総合病院の医師らは、人工知能システムを導入し、

乳がんのハイリスク病変について、手術すべきかいなかを

(がん化するかしないかを)97%の確率で予測できることを

「Radiology」(北米放射線医学会の月刊誌)に発表しました。

 

現在、マンモグラフィーで乳がんが疑われる病変に関しては、

生検を行い、細胞に異常が認められればハイリスク病変と判定されます。

このハイリスク病変は、

実際にはがん化していないことが多いのですが、

1.がんの取り逃がしを避けるため必ず切除する

2.異形乳管過形成(ADH)や非浸潤性小葉がん(LCIS)のリスクが高いがんのみ切除する

という2つの選択をする医師がいます。

 

1の場合には、がん化する可能性が低い病変に対しても

不要な手術が行われ、患者さんへの負担が大きくなります。

 

2の場合には、ADHやLCIS以外のハイリスク病変で

がん化した場合に取り逃がしてしまう可能性があります。

人工知能でがん治療

 

そこで登場したのがAIの一種である機械学習モデルというものです。

マサチューセッツ総合病院の医師とマサチューセッツ工科大学の

共同研究で、機械学習モデルという、

過去の経験に基づいて自動的に学習し、進歩していくシステム

を使い、研究を行いました。

 

この研究は、生検でハイリスク病変と判定され、

手術、または2年以上の経過観察を受けた患者さん

1,006名で行われました。

まず、

1,006名のうち、671人の病変について、種類や年齢など

様々な情報や、生検データなどを学習させました。

次に、

1,006名のうち、残った335名について学習させたAIに

予測させたところ、97.4%の確率で、がん化を正確に予測し、

その結果を受けて、ハイリスク病変の方の30.6%の方が、

手術を回避できることが示されました。

 

研究を主導したBahl医師は、

「機械学習は、不要な手術を減らす点でも、患者に多くの

情報を与えるという点でも、治療向上に役立つツールである」

と述べています。

 

ごく最近の乳がん検査では、『乳房超音波検査』や

『乳房専用PET』で、うつぶせのまま痛みなく検査が

できるような装置が出てきています。

 

将来的には、これら各種の検査と生検など複合的なデータを

解析するAIが登場し、より正確に予測できるように

なっていくのではないでしょうか。

コメントを残す