悪玉活性酸素を除去する抗酸化物質

悪玉活性酸素を除去するには

『がんの5つの原因』のページで述べたように、

活性酸素は「諸刃の剣」と呼ばれています。

私たちは呼吸で取り込んだ酸素と食事から摂り入れたブドウ糖から

生きる活動エネルギーを作り出しています。

しかし、体に取り込んだ酸素のうちごく一部は使われずに、

強力な酸化作用を持つ活性酸素に変化すると言われています。

活性酸素自体は、

体内に侵入した病原菌やがん細胞を殺傷する武器として

肝臓における毒物や薬の分解に使用されたり

良い面もあります。

しかし、

体内の要らぬところで強力な酸化作用が発揮されると、

血管を錆びつかせて、

動脈硬化から脳梗塞や心筋梗塞になったり、

細胞分裂でDNAの複製を邪魔して、

がんの引き金になったりもするのです。

 

このような活性酸素の毒性から身を守るために、

私たちの体の中には活性酸素を無毒化する『抗酸化酵素』という

酵素をつくる機能が備わっています。

でも、

このような機能も、加齢や食生活の乱れによって、

その能力はだんだんと衰えていってしまうのです。

 

こちらのページでは、活性酸素から身を守る

抗酸化食品(健康食品)、サプリメントのうち、

抗酸化作用のあるもの

抗酸化作用をなくしたものを回復させるもの

抗酸化酵素を生き返らせ、増強するもの

活性酸素を還元して無毒化するもの

について紹介しています。

 

抗酸化作用のある食品・サプリメント

体の中の活性酸素から守ってくれるのは『抗酸化酵素』

だけではありません。

抗酸化力(還元力)のある食品やサプリメントを

摂ることで活性酸素から身体を守ることができます。

抗酸化力のあるものには、

・抗酸化ビタミン(ビタミンC、ビタミンEなど)

・カロテノイド(リコピン、ルテインなど)

・ポリフェノール類(アントシアニン、カテキン、クルクミンなど)

などがあります。

 

ビタミンC

・食品からも、サプリメントからも摂取可能

・かんきつ類、パプリカ、レモン、ブロッコリー、小松菜などに多い

・水に溶ける水溶性のビタミン

・高濃度ビタミンC点滴療法として、がん治療にも用いられる(点滴のみで得られる血中濃度でがん細胞を死滅させる効果が得られる)

 

ビタミンE

・食品からも、サプリメントからも摂取可能

・カボチャ、モロヘイヤ、アーモンド、イクラなどに多い

・油に溶ける脂溶性のビタミン

 

β-カロテン

・食品からも、サプリメントからも摂取可能

・緑黄色野菜や果物に含まれる色素の一つ

・油に溶ける脂溶性のビタミン

・体の中でビタミンAにもなるが、そのままで抗酸化力も発揮する

 

ビタミンB

・食品からも、サプリメントからも摂取可能

・牛乳・乳製品、納豆、卵、ナッツ類、胚芽、レバーなどに多い(水溶性)

・水に溶ける水溶性のビタミン

 

リコピン

・食品からも、サプリメントからも摂取可能

・トマトやスイカに含まれる赤い色の色素(脂溶性)

・抗酸化力は、β-カロテンの2倍以上、ビタミンEの100倍と言われる

 

アスタキサンチン

・食品からも摂取できるが、必要量を得るためサプリメントがおすすめ

・桜えび、オキアミ、紅サケ、イクラなど(脂溶性)

・抗酸化力は、ビタミンEの1000倍と言われる

 

レスベラトロール

・食品からも摂取できるが、必要量を得るためサプリメントがおすすめ

・赤ワイン、ブドウ、サンタベリー、ピーナツの渋皮など(脂溶性)

・長寿遺伝子(サーチュイン遺伝子)を活性化させる作用を持つを言われる

・がん細胞を直接攻撃する作用もあると言われています

 

アリシン

・食品からも、サプリメント(健康食品:黒ニンニクなど)からも摂取可能

・ニンニク、ニラ、タマネギなどに含まれる特有な香り成分

・ビタミンBと結合したアリチアミンは、疲労回復のアリナミンとして有名

・殺菌・抗菌効果、血糖値抑制効果、血液サラサラ効果もあり

 

NAC(Nアセチルシステイン)

・サプリメントで摂取可能です

・肝臓で作られる超強力な抗酸化物質にグルタチオンという物質がある

・NAC(Nアセチルシステイン)はグルタチオンになる前段階の物質(水にも油にも溶ける)

・摂取することで体内のグルタチオン量が増える

 

イミダゾールペプチド

・食品からも摂取できるが、必要量を得るためサプリメントがおすすめ

・鶏の胸肉、かつお・マグロなどの魚肉などに多く含まれる(脂溶性)

・数千kmも不眠不休で飛ぶ渡り鳥が疲れ知らずなのはイミダゾールペプチドのおかげ

 

抗酸化作用をなくしたものを回復させるサプリメント

活性酸素を除去することで抗酸化力を失った

ビタミンCや、ビタミンEの抗酸化力を回復してくれる物質です。

 

α-リポ酸(アルファリポ酸)

・サプリメントで摂取可能です

・活性酸素を除去し、抗酸化力を失ったビタミンC、ビタミンEの抗酸化力を復活させてくれます

・α‐リポ酸自身にも抗酸化力があります

 

抗酸化酵素を増強するもの、薬品、サプリメント

元々体に備わっている、活性酸素を除去する酵素

SOD(スーパーオキシドジスムターゼ)、カタラーゼなど

を増強するもの

 

スルフォラファン

・サプリメントで摂取可能です

・ブロッコリースプラウト、芽キャベツ、カリフラワーなどに含まれる成分

・抗酸化酵素の働きを高めるため、抗酸化物質よりも効き目が長持ちする

・糖尿病合併症予防効果、肝機能改善効果もある

 

低線量放射線

・ラジウム温泉入浴や、ラジウム鉱石の岩盤浴で効果を発揮

・低線量の放射線を浴びることで、体内の超強力な抗酸化物質グルタチオンが増える

・低線量の放射線を浴びることで、活性酸素を除去する酵素SODの働きが強まる

・p53というガン抑制遺伝子の働きを高める

 

オキシカイン

・メロンから抽出された成分で、サプリメントで摂取可能です

・活性酸素を除去する酵素SODや、カタラーゼの働きを強めます

・抗酸化酵素の働きを高めるため、抗酸化物質よりも効き目が長持ちする

 

活性酸素を還元して無毒化する物質

水素

・マイナス水素イオンには、活性酸素を中和して無毒化する働きがある

・水素水(パウチ、サーバー)、水素水作成キットなどがある

・抗がん剤の副作用軽減さようもある

 

白金ナノコロイド

・サプリメントで摂取可能です

・白金ナノコロイドは100万分の2㎜まで細かくしたプラチナ液

・一般的な抗酸化物質は、数種類ある活性酸素のうち1~数種類しか

無毒化できないが、白金ナノコロイドは全ての種類の活性酸素を無毒化できる

 

抗酸化物質の注意事項

いろいろな種類の抗酸化物質を摂取しよう!

ひと口に活性酸素と言っても、種類が数種類あり、

白金ナノコロイド以外、全ての活性酸素に効くものはありません。

水に溶けるもの、油に溶けるもの、分子量の大小など、

効く場所も異なります。

したがって、数種類のものをバランスよく摂取するのがおすすめです。

例えば、

食事で、緑黄色野菜やビタミンCの多い果物を食べながら、

イミダゾールペプチド、オキシカインのサプリを摂取する。

お風呂にはラジウム鉱石を入れるなど。

 

抗がん剤治療、放射線治療をしているときには摂取しないこと!

抗がん剤や放射線は、活性酸素の強力な力をがん細胞に向けて攻撃する治療法です。

抗酸化物質を服用すると、その力が弱まりますので服用しないようにしましょう。

コメントは受け付けていません。