がん細胞を直接攻撃する温熱療法

がん細胞を直接攻撃する温熱療法とは

『自宅でできるがん補完代替療法』でお話したように、

がん細胞には、がん細胞で特徴的に見られる

唯一使用可能なエネルギー源

身の守り方や弱点

栄養補給の方法

増殖の方法

などがあります。

 

こちらのページでは、このがん細胞と普通の細胞の

耐熱温度の差を利用したがん治療法、

『温熱療法(ハイパーサーミア)』を紹介いたします。

基本的に専門のクリニックにての治療になります。

 

私たちの体を構成する細胞は、42.5(43)℃以上に

温度が上がると急速に死んでしまうので、

体温が41℃以上に上がることはありません。

昔の水銀体温計をご存知の方はわかると思いますが、

41℃までしか目盛りがないのはそのためです。

 

温熱療法は、この高温で細胞が死んでしまう原理を利用し、

がん細胞だけを上手に選んで熱を当て死滅させてしまおう

考案された治療法になります。

 

温熱療法(ハイパーサーミア)の原理

温熱療法(ハイパーサーミア)は、通常40~45℃の

温度を患部に当てる治療のことを言います。

しかし、最近の技術の進歩により、

ラジオ波(RF波)や、マイクロ波を用いた70℃以上の

温度での治療も行われています。

 

人体の細胞は、42.5℃以上になると死にます。

では、その温度をがん組織に当てたなら、周囲の

正常な組織も一緒に死んでしまうのでしょうか?

いいえ、大丈夫なのです。

正常な組織では、温められると血管が拡張し、

血液がたくさん流れ、どんどん熱を奪ってくれるのです。

ところが、がん組織の血管では、

このようなことは起こらず、がん細胞は、

まともに熱を食らい死んでいくのです。

 

しかし、がんもただでは死んでいってくれません。

熱攻撃に対して、熱ショックタンパク質という物質

を作り、熱に対抗してきます。

そのため、温熱療法は連続して治療することはできず、

週に1~3回のペースで行うことが多いようです。

 

ハイパーサーミアはどんながんに効く

理論上は、あらゆるがんに有効ですが、やはり

得手不得手はあるようです。

有効性が示されているものは、

・再発乳がん

・メラノーマ(悪性黒色腫)

・子宮頸がん

・直腸がん

・膀胱がん

・頸部リンパ節転移

があり、他にも脳腫瘍、肺がん、食道がん、

肝臓がん、膵臓がんで有効との報告がありますが、

白血病、リンパ腫など血液のがんに関しては、

報告がほとんどありません。

 

ただし、がんに対して必要十分に加温できる装置は

まだ開発されておらず、一般的には放射線治療や

抗がん剤治療の効果を高める治療法として、

また自己免疫力を高める効果を期待して

用いられているようです。

 

近年、肝臓がんを中心に行われているのが、

ラジオ波焼灼療法(RFA)

と呼ばれる温熱療法です。

これは、鉛筆の芯ほどの太さの針を腫瘍内に刺し、

そこにラジオ波(AMラジオなどで使われている電波)

を流して加温し、腫瘍を固めて、やがて死に

至らしめるもので、2004年4月には、

日本でも保険適用手術として認められ、

肝細胞癌に対する標準的な治療として位置づけられています。

 

コメントは受け付けていません。