固形がんに効く新しい免疫療法を山口大学が開発

2018年3月6日、国際学術誌『Nature Biotechnology』4月号掲載に先立つプレスリリースとして、固形がんに対して極めて治療効果の高いCAR-T細胞を山口大学の玉田教授らの研究チームが開発したと発表しました。 免疫療法の一つであるCAR-T細胞療法は、 患者さんから取り出した免疫細胞に遺伝子操作を施して がんを攻撃する能力を高め、再び体の中に戻す治

続きを読む

スタンフォード大レヴィー博士の開発した「がんワクチン」がすごい!

2018年1月31日、スタンフォード大学医学部(医科大学院)のレヴィー博士らの研究チームは、2つの免疫刺激剤を直接固形のがん細胞に注入することで、その部位だけではなく遠くの転移している腫瘍も無くなったと発表しました。 スタンフォード大学医学部(医科大学院)のRonald Levy博士は、 世界で初めてモノクローナル抗体薬である リツキシマブ(抗がん剤)の開発をリードした方

続きを読む

がんゲノム医療とは・自分の遺伝子情報から薬を選ぶ!

2017年12月に発売されたムック本「がんと診断されました 3大治療とゲノム医療」から 最近話題となっている『がんゲノム医療』について解説していきます。 まずは、用語の解説から。 ゲノム医療とは 国立国際医療研究センター病院のHPによると、 ゲノム(genome)は、遺伝子(gene)と、全てを意味する(-ome) を合わせた造語であり、DNAに含まれる遺伝情報

続きを読む

免疫チェック阻害薬(オブジーボ等)の効果は腸内細菌で左右される

2017年11月2日、『Science』オンライン版に掲載された記事です。 オプジーボに代表されるがん免疫療法の一つである「免疫チェックポイント阻害薬」。 今回、腸内細菌が、このがん治療薬の効果に大きく影響を与えていることが分かりました。 私たちの腸内には、100種類以上、100兆個とも言われる 腸内細菌が住んでおり、免疫やアレルギーなどの健康面はもちろん、

続きを読む

ピロリ菌除去に使われる胃薬で、逆に胃がんリスクが上がる

2017年10月の消化器病学会の主要な雑誌「Gut」による記事です。 胃がんの原因であると言われるピロリ菌の除菌 の際に使われる一部の胃薬を長期服用することで、 かえって胃がんのリスクが高まることが分かりました。 <↑は、慢性腎炎の薬としてタモンも飲んでいる胃薬 これで…> 胃がんの原因として知られるヘリコバクター・ピロリ菌。 胃がんのリスクを減

続きを読む

がんを90%近い確率で診断できる方法を発見!

2017年11月、千葉県がんセンター研究所は、 がんを90%近い確率で診断できる方法を発見した と報道発表しました。 千葉県がんセンターは、千葉県が運営する がん診療連携拠点病院であり、 千葉県のがん治療の中枢的役割を果たしているところです。 ところがこの病院、 このところ 腹腔鏡手術による医療事故死が多発(2014年) 検体を

続きを読む

中国産『冬虫夏草』に抗がん効果なし!

2017年10月、国際的学術誌「Cell」によれば、 超高級漢方薬として有名な中国産「冬虫夏草」に、 抗がん成分は、全く含まれていないことが分かりました。 ヒマラヤ山脈の北側に位置するチベットの高地に 生息する冬虫夏草は、土の中で暮らすコウモリガという 蛾の幼虫に寄生するコルジセプス属の菌類です。 寄生した菌は、 幼虫の体内で菌糸の核を作り、季節に

続きを読む

乳がんの手術をする、しないをAIが97%の精度で予測

2017年10月の乳がんの手術に関する記事です。 マンモグラフィーと生検で見つかった乳房の ハイリスク病変について、がん化するかどうかを (手術するかどうか)を人工知能(AI)が97%の確率で 正確に予測することができました。 最近、著しい進歩を遂げているAI(人工知能)ですが、 がん治療の領域でも研究が進んでいます。 マサチューセ

続きを読む

ナッツを食べると結腸がんの再発率と死亡率が低くなる

2017年6月にテレビでも取り上げられましたが、 週に57g以上のナッツを食べる結腸がん患者さんは、 食べない患者さんに比べて再発率、死亡率ともに低くなることを アメリカのダナ・ファーバー・癌研究所が発表しました。 ダナ・ファーバー・癌研究所は、アメリカの国立がん研究所 に指定されている癌センターの一つであり、 ハーバード大学医学部の主要関連医療

続きを読む

インターフェロンβを豊富に含む卵を産ませるのに成功!

2017年10月、CNN日本語版からの記事です。 日本の研究チームが、がんの治療にも使われている インターフェロンβを豊富に含んだ卵を産ませることに 成功しました。 ウイルスの増殖阻止、細胞増殖の抑制、免疫系や 炎症の調節などの働きをするサイトカイン(タンパク質) の一種であるインターフェロン。 抗がん剤としてのインターフェロンβは、

続きを読む