ピロリ菌除去に使われる胃薬で、逆に胃がんリスクが上がる

2017年10月の消化器病学会の主要な雑誌「Gut」による記事です。 胃がんの原因であると言われるピロリ菌の除菌 の際に使われる一部の胃薬を長期服用することで、 かえって胃がんのリスクが高まることが分かりました。 <↑は、慢性腎炎の薬としてタモンも飲んでいる胃薬 これで…> 胃がんの原因として知られるヘリコバクター・ピロリ菌。 胃がんのリスクを減

続きを読む