固形がんに効く新しい免疫療法を山口大学が開発

2018年3月6日、国際学術誌『Nature Biotechnology』4月号掲載に先立つプレスリリースとして、固形がんに対して極めて治療効果の高いCAR-T細胞を山口大学の玉田教授らの研究チームが開発したと発表しました。 免疫療法の一つであるCAR-T細胞療法は、 患者さんから取り出した免疫細胞に遺伝子操作を施して がんを攻撃する能力を高め、再び体の中に戻す治

続きを読む

スタンフォード大レヴィー博士の開発した「がんワクチン」がすごい!

2018年1月31日、スタンフォード大学医学部(医科大学院)のレヴィー博士らの研究チームは、2つの免疫刺激剤を直接固形のがん細胞に注入することで、その部位だけではなく遠くの転移している腫瘍も無くなったと発表しました。 スタンフォード大学医学部(医科大学院)のRonald Levy博士は、 世界で初めてモノクローナル抗体薬である リツキシマブ(抗がん剤)の開発をリードした方

続きを読む

がんゲノム医療とは・自分の遺伝子情報から薬を選ぶ!

2017年12月に発売されたムック本「がんと診断されました 3大治療とゲノム医療」から 最近話題となっている『がんゲノム医療』について解説していきます。 まずは、用語の解説から。 ゲノム医療とは 国立国際医療研究センター病院のHPによると、 ゲノム(genome)は、遺伝子(gene)と、全てを意味する(-ome) を合わせた造語であり、DNAに含まれる遺伝情報

続きを読む

インターフェロンβを豊富に含む卵を産ませるのに成功!

2017年10月、CNN日本語版からの記事です。 日本の研究チームが、がんの治療にも使われている インターフェロンβを豊富に含んだ卵を産ませることに 成功しました。 ウイルスの増殖阻止、細胞増殖の抑制、免疫系や 炎症の調節などの働きをするサイトカイン(タンパク質) の一種であるインターフェロン。 抗がん剤としてのインターフェロンβは、

続きを読む