免疫細胞を増強する能動免疫療法

がんに対する免疫細胞を増強する能動免疫療法とは?

『免疫』は、自分と自分以外のものを区別し、

自分以外のもの(異物)を攻撃し、体から取り除く仕組みです。

『自宅でできる補完代替療法』でお話したように、

体内で異物であるがん細胞を攻撃してくれる免疫細胞には、

司令塔としての、ヘルパーT細胞

攻撃実行部隊としての、キラーT細胞、B細胞

パトロール部隊としての、

NK細胞、マクロファージ、好中球、樹状細胞

があり、お互い連携を取り合って日々

私たちの体を守ってくれているのです。

がん細胞をやっつけてくれる免疫細胞たち

このページでは、がん細胞を攻撃する

免疫細胞の力を劇的に増強し、手術、抗がん剤、放射線

に次ぐ第4のがん治療として注目される

『免疫療法』のうち「能動免疫療法」ついて紹介いたします。

免疫療法の特徴は、即効性はないものの、

効果が長時間持続することになります。

体力があり、自分の免疫の機能がまだ衰えていない段階で

利用すると高い効果が得られると言われています。

 

『能動免疫療法』は、免疫細胞の攻撃力を高める方法として、

自分の体の中で攻撃力を高めるものです。

基本的に専門のクリニックで自由診療で治療を受けることになります。

 

能動免疫療法

体の中で様々な方法を使って免疫力を高めるのが、

『能動免疫療法』ですが、大きく分けると、

免疫力そのものを増強する

非特異的免疫賦活薬

サイトカイン療法

がんワクチン療法(ペプチドワクチン療法)

樹状細胞療法

がん細胞が免疫細胞の攻撃を防いでいる盾を破壊し、

免疫細胞ががん細胞を攻撃できるようにする

免疫チェックポイント阻害療法

があります。

 

非特異的免疫賦活薬(ひとくいてきめんえきふかつやく)

なんか難しい言葉が並んでいるので、まずは言葉の解説から。

特異的と非特異的とは

特異的というのは、正常細胞に影響なく、

がん細胞だけを狙って、確実に攻撃するということ。

非特異的は、逆にある特定のものではなく、

免疫力全体を底上げするということです。

賦活薬とは

賦活とは、活力を与えること。物質の機能・作用を

活発化すること、と辞書にあります。

このような機能を持った薬を賦活薬と言います。

 

非特異的免疫賦活薬は、1970年代以前から研究

されてきた古典的な免疫療法です。

細菌やキノコなどから取り出した成分からできており、

ハッキリとした効果は確認されていません。

 

サイトカイン療法

1980年代になって考えられた、これも非特異的な

(免疫力を底上げする)免疫療法になります。

サイトカインは体の中で作られ、免疫細胞の間で、

やり取りされる物質の総称です。

この中には、聞いたことがあると思いますが、

インターフェロンやインターロイキンという名の薬があり、

投与されることで、免疫細胞が活性化し、

体全体の免疫力が底上げされます。

 

がんワクチン療法(ペプチドワクチン療法)

がん細胞を狙い撃ちする特異的な免疫療法のひとつです。

病気の元となるウイルスや細菌などに感染すると、

人体の中では、このウイルスや細菌の情報を覚えて、

抵抗力(免疫力)が得られます。

ワクチンは、弱毒化もしくは無毒化したウイルスや細菌を

あらかじめ与えて情報を覚えさせ、免疫力をつけるものです。

同様に、

がんの情報、目印となる「がん抗原」というワクチンを与え、

免疫細胞を刺激して、がん細胞だけを狙って攻撃する

T細胞を活性化させます。

がん抗原は、ウイルスや細菌ではなく、アミノ酸がつながった

ペプチドでできているので、ペプチドワクチン療法とも呼ばれます。

 

がん抗原をつくるのに、患者さんのがん細胞を用いる方法と、

人工的に合成したがん抗原を用いる場合があります。

 

樹状細胞療法

がん細胞を狙い撃ちする特異的な免疫療法のひとつです。

樹状細胞は、「免疫細胞を増強するサプリメント・健康食品」

でお話したように、もともと人体に備わる自然免疫チームの一員で、

獲得免疫チームであるT細胞に、がん抗原の情報を伝える

役割を果たしています。

 

樹状細胞療法では、がん患者さんの体から取り出した

樹状細胞に、がんの目印となるがん抗原の情報を覚え込ませ、

獲得免疫チームに対して、がんの情報を伝える能力を鍛えてから、

ふたたび患者さんの体の中に戻します。

この樹状細胞療法により、がんに対する情報がすばやく

T細胞に伝達され、ただちにがん細胞を

攻撃できるようになります。

また、樹状細胞を直接がんの中に注入する方法もあります。

 

免疫チェックポイント阻害療法

上で述べた免疫療法は、全て免疫機能の攻撃力を

上げる方法でした。

しかし、最近になって

がん細胞が、盾を装備して免疫細胞の攻撃を

阻止していることがわかり、この盾を壊し、

正常に免疫細胞が攻撃できるようにする

新しい治療法が開発されました。

いま、巷でうわさになっているオプジーボも

その例で、免疫チェックポイント阻害療法と言います。

オプジーボに代表される免疫チェックポイント阻害薬が、

がん細胞から突き出ている盾を壊してしまうので、

充分に戦うことのできなかったT細胞が存分に

力を発揮することができるようになるのです。

 

この免疫チェックポイント阻害療法は、実際に

高い腫瘍縮小効果も報告されています。

 

2017年4月時点でのオプジーボの適応は

・ 手術による治療が困難とされる皮膚がんの一種である悪性黒色腫(メラノーマ)

・ 根治切除が難しい、あるいは転移性の腎細胞がんで、手術が困難とされる症例

・ 進行性、再発性の非小細胞肺がん

となっています。

 

現在、免疫チェックポイント阻害剤では、

・頭頚部がん

・悪性リンパ腫

で臨床実験が行われており、

将来的には、

・ 消化器系の分野:食道がん胃がん、肝臓がん、大腸がん

・ 泌尿器の分野:腎臓がん、膀胱がん、尿路上皮がん

・ 婦人科の分野:乳がん、卵巣がん、子宮頸がん

などへの適応が期待されています。

 

免疫療法を受けたいと思ったとき、医師に聞くこと

国立がん研究センターのがん情報サービスにおいて、

免疫療法を受けたいと思ったとき、医師に聞くことは?

ということが書いてあるので紹介します。

治療の効果がどの程度証明されているか?

1.受けようとしている免疫療法はどのようなものか

2.その免疫療法でこれまで、どのような患者さんに、どのような効果があったか

保険治療で受けられる治療なのか?

1.保険治療で受けられる免疫療法か

2.治験や先進医療に指定されていて保険外併用診療費制度が利用できるものか

3.全額治療費を支払う自由診療なのか

考えられる副作用と対応策は?

1.予想される副作用は

2.その対策法は

3.副作用が発生した場合の対応医療機関、費用は

コメントは受け付けていません。