免疫細胞を増強する受動免疫療法

がんに対する免疫細胞を増強する受動免疫療法とは?

『免疫』は、自分と自分以外のものを区別し、

自分以外のもの(異物)を攻撃し、体から取り除く仕組みです。

『自宅でできる補完代替療法』でお話したように、

体内で異物であるがん細胞を攻撃してくれる免疫細胞には、

司令塔としての、ヘルパーT細胞

攻撃実行部隊としての、キラーT細胞、B細胞

パトロール部隊としての、

NK細胞、マクロファージ、好中球、樹状細胞

があり、お互い連携を取り合って日々

私たちの体を守ってくれているのです。

がん細胞をやっつけてくれる免疫細胞たち

このページでは、がん細胞を攻撃する

免疫細胞の力を劇的に増強し、手術、抗がん剤、放射線

に次ぐ第4のがん治療として注目される

『免疫療法』のうち「受動免疫療法」について紹介いたします。

免疫療法の特徴は、即効性はないものの、

効果が長時間持続することになります。

体力があり、自分の免疫の機能がまだ衰えていない段階で

利用すると高い効果が得られると言われています。

 

『受動免疫療法』は、免疫細胞の攻撃力を高める方法として、

がんを攻撃する免疫細胞や、がんを攻撃する時の

武器となる抗体を自分の体の外で大量に作り、

体の中にもどすものです

基本的に専門のクリニックで自由診療で治療を受けることになります。

 

受動免疫療法

自分の体の外で免疫細胞を増やしたり、

パワーアップさせてから身体に戻す『受動免疫療法』には、

免疫細胞のリンパ球を用いる

非特異的リンパ球療法

がん抗原特異的T細胞療法

がん細胞を攻撃する武器である抗体を用いる

抗体療法

があります。

 

非特異的リンパ球療法

非特異的というのは、がんなどある特定のものに対して

ではなく全般的にという意味です。

ここでは、免疫力全体を底上げすることを意味します。

 

1980年代、がん患者さんの血液から免疫細胞を取り出し、

サイトカインという物質を使って免疫力をパワーアップさせた

T細胞やNK細胞を、ふたたびがん患者さんに戻す、という

非特異的リンパ球療法(LAK療法)と呼ばれる免疫療法が

行われましたが、効果的には全く不十分なものでした。

 

近年では、非特異的ではなく、がん細胞だけを特異的に

攻撃する免疫療法に移行しており、

『がん抗原特異的T細胞』という免疫細胞を用いた

免疫療法が開発されています。

 

がん抗原特異的T細胞療法

がん細胞のみを見つけ出して攻撃できるT細胞

の働きを利用して治療する免疫療法です。

血液T細胞療法

がん患者さんの血液から取り出したT細胞に、

がん細胞の特徴を伝え、体に戻す治療法です。

TIL療法

がん組織に入り込み、そのがんの特徴を覚えている

がん抗原特異的T細胞を、がん患者さんのがん組織の

中から取り出し、体の外で増やしてから、

患者さんの体の中に戻す方法です。

 

これらの療法については、効くがん患者さんが、

ごくごく一部に限られていました。

そこで、次世代のがん抗原特異的T細胞療法が考えられ、

開発が進んでいるのが、遺伝子組み換え技術を取り入れた

TCR/CAR-T細胞療法(遺伝子改変T細胞療法)です。

 

TCR/CAR-T細胞療法(遺伝子改変T細胞療法)

TCR(T細胞受容体)、CAR(キメラ抗原受容体)という

いわば、がん細胞を捕まえるのに最適な捕獲アミを装備させた

がん抗原特異的T細胞を遺伝子組み換え技術で作り、

これをがん患者さんに投与する治療法です。

この治療法は、研究も進んでおり、血液がんにおいては

効果も上がっています。

血液がんに効果のあるCAR-T細胞療法

実際、米国では、B細胞性急性リンパ芽球性白血病や、

びまん性大細胞型B細胞リンパ腫で承認されている薬剤があります。

CAR-T細胞は固形がんには効きにくいという

デメリットがあったのですが、

2018年3月、マウス実験ですが、固形がんに効く

新しいCAR-T細胞が山口大で開発されたという発表もあります。

→ 詳しくはこちらのページをご覧ください

抗体療法

数ある免疫細胞のうちで、B細胞は抗体という

飛び道具を使い異物を攻撃します。

この抗体を人工的に作り出して、体内に投与するのが

抗体療法です。

もともと抗体には、相手を見分ける能力があるので、

打てば必ず当たる武器なのです。

当たれば、それを目印に他の免疫細胞も攻撃に参加

できるし、当たることによりがん細胞が増えるのを

阻止することもできるのです。

 

免疫療法を受けたいと思ったとき、医師に聞くこと

国立がん研究センターのがん情報サービスにおいて、

免疫療法を受けたいと思ったとき、医師に聞くことは?

ということが書いてあるので紹介します。

治療の効果がどの程度証明されているか?

1.受けようとしている免疫療法はどのようなものか

2.その免疫療法でこれまで、どのような患者さんに、どのような効果があったか

保険治療で受けられる治療なのか?

1.保険治療で受けられる免疫療法か

2.治験や先進医療に指定されていて保険外併用診療費制度が利用できるものか

3.全額治療費を支払う自由診療なのか

考えられる副作用と対応策は?

1.予想される副作用は

2.その対策法は

3.副作用が発生した場合の対応医療機関、費用は

 

 

コメントは受け付けていません。